かしこく
守る、
お手伝い。

知ってるだけで守れるお金は
たくさんあります。

アセットマネジメントでは、そんな "かしこく、守る” 資産運用をサポートします。

無料ではなしを聞いてみる

アセットマネジメントが出来る6つのお手伝い

support01

可愛い我が子のために
学費を効率よく貯めたい!

子供の学費は人生の3大支出の1つです。
一体いつまでにいくら貯めておけば良いのか、、、、
ご安心ください。計画的に準備をすれば
問題ありません。
その為に私たちにまずは気軽にご相談ください。

可愛い我が子のために学費を効率よく貯めたい!

子供の学費は人生の3大支出の1つです。
一体いつまでにいくら貯めておけば良いのか、、、、
ご安心ください。計画的に準備をすれば
問題ありません。
その為に私たちにまずは気軽にご相談ください。

support02

大事に貯めた
マイホーム資金で
損する使い方をしたくない!

マイホームのための頭金や繰り上げ返済の資金作りをしたい、
そんな方のお手伝いします!
今の低金利下で少額の自己資金で資金作りができる方法を
ご存知でしょうか?
今のご生活に負担をかけずに効率的に
資金作りできる方法を伝授します。

大事に貯めたマイホーム資金で損する使い方をしたくない!

マイホームのための頭金や繰り上げ返済の資金作りをしたい、そんな方のお手伝いします!
今の低金利下で少額の自己資金で資金作りができる方法をご存知でしょうか?
今のご生活に負担をかけずに効率的に
資金作りできる方法を伝授します。

support03

自分にとっての
最適な保険を知りたい!

生命保険。この4文字を耳にすると、
「よく分からないからまた今度でいいかな。」
「今どんな保険に入ってたかな?」
「毎月いくら払っていたかな?」と皆さん
口を揃えて
言われます。
しかし、生命保険は家の次に大きな買物であることを
ご存知でしたか?しっかり考えて、納得した保険に
加入しないと将来
取り返しがきかない事になりますよ。
そうなる前にまずは今加入している
保険の内容を私達と一緒に再確認しましょう。

自分にとっての最適な保険を知りたい!

生命保険。この4文字を耳にすると、
「よく分からないからまた今度でいいかな。」
「今どんな保険に入ってたかな?」
「毎月いくら払っていたかな?」
と皆さん口を揃えて言われます。
しかし、生命保険は家の次に大きな買物で
あることをご存知でしたか?しっかり考えて、
納得した保険に加入しないと将来取り返しがきかない事になりますよ。そうなる前にまずは今加入している保険の内容を私達と一緒に再確認しましょう。

support04

サラリーマンでも
最大限の節税がしたい!

ご家族に資産を残したいが相続税が心配…、
給与が高くなるにつれて、
税金の負担が高く感じる…。
そんな方の節税に役立つ資産運用を
ご提案します。
保険やiDeCoを活用する方法、不動産投資等、
個々のご状況に合わせ、様々な選択肢をご用意させて
頂きます。

サラリーマンでも最大限の節税がしたい!

ご家族に資産を残したいが相続税が心配…、
給与が高くなるにつれて、税金の負担が高く感じる…。
そんな方の節税に役立つ資産運用をご提案します。
保険やiDeCoを活用する方法、不動産投資等、
個々のご状況に合わせ、様々な選択肢をご用意させて
頂きます。

support05

老後の不安を
賢い資産運用で無くしたい!

人生100年時代という言葉を聞いた事は
ありませんか?
平均寿命は伸びているのに、資産寿命は
伸びていない。
「資産寿命って何?」と思われましたか?
資産寿命とはお金の寿命のことを言います。
長生きするのにお金がない。想像すると
長生きしたくない。と思いませんか?
安心してください。しっかりとした対策をすれば
資産寿命が尽きる事は
ありません。
まずは気軽にご相談ください。

老後の不安を賢い資産運用で無くしたい!

人生100年時代という言葉を聞いた事は
ありませんか?
平均寿命は伸びているのに、資産寿命は
伸びていない。
「資産寿命って何?」と思われましたか?
資産寿命とはお金の寿命のことを言います。
長生きするのにお金がない。想像すると
長生きしたくない。と思いませんか?
安心してください。しっかりとした対策をすれば
資産寿命が尽きる事はありません。
まずは気軽にご相談ください。

support06

不動産投資で
絶対に失敗したくない!

不動産投資に関心があるが色々な方法や情報が溢れていて、
何が自分に合っているか分からない…、
不動産投資を始めているが原状の状態が不安で打開策を知りたい…、
そんな方のサポートをさせて頂きます。
個々のご状況に合わせたオーダーメイドの不動産投資をご案内します。

不動産投資で絶対に失敗したくない!

不動産投資に関心があるが色々な方法や情報が
溢れていて、何が自分に合っているか分からない…、
不動産投資を始めているが原状の状態が不安で
打開策を知りたい…、
そんな方のサポートをさせて頂きます。
個々のご状況に合わせたオーダーメイドの
不動産投資をご案内します。

僕が”かしこく守る”お手伝いをさせていただきます!!

たけっち竹内 浩尭

はじめまして!不動産会社で勤めながら、
資産形成のアドバイスをさせて
頂いてる竹内と
申します。今まで個々の顧客のご相談に合わせて
様々な角度からご提案してきたお金のノウハウをご提供させて下さい。
節税や保険の見直しを兼ねて家計全体のゆとりを作りながら、
今の生活を変えずに保証を拡充するそんな不動産投資のご提案を
得意としています!是非、お気軽にご相談下さい。

お気軽に無料でご相談ください!

オーダーメイド 節税シミュレーション

オーダーメイド節税シミュレーション

完全無料の節税シミュレーションです。
アセットマネジメント
独自の算出方法で
『今どれぐらいの金額が節税が可能なのか』を
割り出します。その合計節税額を元に最適な方法を無料で
ご提案します。

質問し放題 マンツーマンアドバイス

質問し放題マンツーマンアドバイス

どの保険がいいのか。今何をすればいいのか。
などフェアな
立場でマンツーマンで相談にのります。
保険の販売代理店でも証券会社でもない弊社ならではの
お客様に最適なご提案ができます!

通算読者数300人超え 『はじめての不動産投資』電子書籍プレゼント

通算読者数300人超え『はじめての不動産投資』
電子書籍プレゼント

不動産投資のマニュアル書をプレゼント。
通算読者数は300人超え!!
超初心者向けで、何から始めればいいのかという方には
ピッタリです。

無料相談までの流れ

LINEを登録する

公式LINEアカウント
ボタンより
追加を
お願いします。

返信を待つ

24時間以内に弊社代表の
竹内より直接ご連絡
します!

無料の特典を
受け取る

追加特典である
資料・無料相談
節税シミュレーションを
ぜひ体験してください!

無料相談の日程を
決める(=任意)

資料の受け取り、
節税シミュレーションのみでも
問題ありません。
公式LINEアカウントより
希望の方のみご連絡ください!

よくある質問

中古の収益マンションを
購入しようと検討中です。
どのくらいの築年数までなら
買いなのでしょうか。

中古物件の築年数を考慮する上で、必ず気をつけていただきたいことがあります。 それは、1981年(昭和56年)『新耐震設計法』施行以後の物件を選ぶことです。
新耐震法は震度6強以上の地震でも倒れない住宅を前提としており、 万が一、大きな地震が発生した時でも新耐震設計法の物件とそうでない物件では、
受ける被害は大きな差があります。 この点に気をつけて、投資の目的に合わせて「築年数の新しい物件」そして「バブル期の物件」のいずれかを選ぶことが重要です。
築年数が古いものであれば利回りは比較的高めですが、その一方でバスとトイレが一緒に設置されているケースが多く、オートロックがないなど設備面で見劣りがします。
一方、築年数の浅い物件であれば設備面では充実している反面で物件価格が高いため、利回りが低めといった欠点があります。一概に築年数が古いからダメ、
築年数が浅いから良いというわけではないのです。 それぞれの特長を見極め、自分の目的にあった物件を選ぶことが重要です。
また築年数に関わらず、建物管理の状況について事前にしっかりと確認しておくことが重要です。 大規模修繕工事は計画的に行われているのか、
修繕積立金はきちんと積み立てられているのか、管理費の滞納はないのか、など建物の見かけは立派でも管理状況はずさんな物件を掴まないよう注意することが大切です。

これから東京で不動産投資を
始めようと思っています。
始めは、
やはり都内の人気の沿線に
絞って物件を購入すべきでしょうか?

沿線にこだわるよりも、都内のビッグターミナルへのアクセスで選ぶことが、不動産投資で長期安定収入を得るポイントです。
人気の沿線はやはり賃貸需要が他のエリアと比べて高いため、不動産投資の最大のリスクである「空室リスク」も抑えられ、大変魅力的であると言えます。
以前は、「JR山手線」「JR中央線」「東急東横線」「東急田園都市線」などが比較的人気の高い沿線と言われていました。
しかし、最近ではこれまで人気路線といわれていた沿線だけではなく、都心へのアクセスが良い他の路線にも人気が集まっています。
例えば、東西線であれば門前仲町や木場、東陽町といった駅は大手町に10分程度でアクセスができるので人気を集め、ワンルームマンションも増加しています。
実際、当社が管理している東京23区内で駅から10分以内の立地にある分譲タイプのワンルームマンションであれば、どのような沿線であっても1ヵ月程度で空室を解消できます。人気の沿線でなければ空室が早期に解消できないということはないのです。
ブランド沿線にこだわらず、ビッグターミナルまでのアクセスや立地を考慮して物件を選ぶことで十分空室リスクを抑えた投資が可能です。

ローンを組んで物件を購入した後、
自分が死亡した場合、購入した物件や
ローンはどうなるのでしょうか?

投資用ローンでも、自宅用ローンと同じように『団体信用生命保険』が付きます
ご自身に万が一のことがあった際には、ローンは完済され、借り入れのない収益不動産を家族に遺すことができます。
マンション投資は資産運用の手段だけではなく、将来の家族の生活を守ることの出来る優れた商品です。
また、団体信用生命保険は文字通り『団体』加入となるので、一般の生命保険とは異なり、加入年齢によっても支払う保険料の金額は変わりません。
たとえば、一般的な生命保険の場合、30歳の人と50歳の人では、毎月の保険料は3倍くらい違ってきますが、団体信用生命保険ならば、
30歳でも50歳でも保険料の金額は変わらないのです。
ローンを利用できる現役世代にとって、団信を使ったマンション投資は、少ない自己資金で、家族に財産を残せる、優れた投資法です。

自宅のローンがまだ残っている
のですが、投資用のローンを
組むことはできるのでしょうか?

ご自宅のローンが残っていても、投資用のローンを利用することは可能です。
ただし、お借入の残額やご年収、勤務先などの諸条件によって融資の可否や金額、借入年数が判断されます。
当社では事前にある程度の内容を確認させていただければ、速やかにご返答が可能ですので、お気軽にご相談ください。

投資用のローンと、自宅を
購入するための住宅ローンとの
違いを教えて下さい。

自宅用のローンと投資用物件購入のためのローンは審査基準、金利条件の面で異なります。
自宅用ローンは債務者の返済意思が高いことから、投資用ローンに比べて、審査基準も緩和されています。
また、自宅用ローンの金利水準も自宅用ローンの需要も比較的多いことから、返済意思の両面から低金利になっています。
なお、当社が提携する投資用ローンの金利は1.6~2.0%前後で安定しています。

マンション投資の手取り利回りが
4~5%と聞くと、どうしても株や
FXにくらべ魅力を感じません。
不動産は本当に有効な投資先なのでしょうか?

マンション投資は間違いなく有効な投資先です。 確かに株やFX(外国為替証拠金取引)は、時として大きな収益を生むことがあります。
しかし、株やFX取引で長期的かつ安定した収益を上げることができるでしょうか。リーマンショックや為替相場の乱高下で大きな痛手を負った方も多かったはずです。
株やFXではリターンが大きい分、リスクも大きいのです。 マンション投資は、株やFXのように目に見えて大きな収益を上げることは出来ません。
手取り利回りも4〜5%の物件が中心となっています。な物件を購入すれば、不動産価格が半分になってしまうことや、賃料が半分になってしまうことは考えられません。
また、空室や家賃下落、滞納、地震などのリスクに対しても、賃貸需要の安定している東京の物件を選ぶことや入居者募集に強い信頼のおける賃貸管理会社を
パートナーとして選ぶこと、地震に強い新耐震基準の物件を選ぶことなど、リスク対応策もあります。 株やFXは、自分ではどうすることもできない予測できない要因に、
収益が左右されてしまいますが、マンション投資はリスクも予想でき、その対応策も講じることが可能なのです。さらに、ローンで物件を購入すれば団体信用生命保険が
つきますので、あなたに万が一のことがあったときにはローンの残債はなくなり、ご家族にローンのない収益物件を残すことができるのです。
これは株にもFXにもないマンション投資だけの特長です。 マンション投資は株やFXのように「儲かる話」でも「うまい話」でもありません。しかし、その分リスクが
少なく、長期的に安定収入を得ることのできる確かな投資です。マンション投資の特徴を正しく理解し、家賃収入を得ているオーナー様は多数いらっしゃいます。

マンション投資のリスクを考えると、
長期的にみるとやはり定期預金など

リスクの少ない金融商品の方が、
よいのではないでしょうか?

確かに定期預金は、元本が保証されますのでリスクが限りなく低くなります。一方で預金金利は0.01%程度ですから100万円をあずけたとしても利息収入は税金を
考慮すれば100円にもなりません。一方で、マンション投資は「空室リスク」「滞納リスク」「金利上昇リスク」などのリスクがありますが、手取り利回りは
4%~5%程見込めるので収益性は高くなります。また、定期預金だけで老後に備える場合、長生きリスクも考慮する必要があります。老後までにある程度の貯金をして、
老後はその貯金を取り崩して生活していく、これが、一般的な老後の生活でしょう。しかし、目減りしていく貯金を気にしながら送る老後の生活の精神的な負担は
計り知れません。仮に1,000万円の貯金があったとしても、毎月の収入が年金の20万円しかなければ、ほとんどの人は20万円以内で生活していくのではないでしょうか。
つまり、老後のためにお金を貯金しているといっても、多くの人は、生活水準を支給される年金の範囲内におさめるはずです。いつ病気になるかわかりませんし、
まとまったお金が必要になる時もくるかもしれません。ですから、よほど多額の貯金がないかぎり、貯金額を気にせずお金を使うことはできないはずです。
収入源がなければ、貯金があるからといっても、老後に夫婦で気軽に海外旅行や温泉に出かけることは現実には難しいのです。では、マンション投資はどうでしょうか。
確かにリスクもありますが、定期預金と大きく異なるのは、「現金を産む本物の資産である」ということです。定期預金とは違い、毎月「家賃収入」という
果実を産むのです。万が一、大きなお金が必要になったときは売却すればよいのです。 たとえば、2,000万円の中古ワンルームの場合、手取り利回りは
4%程度ですから、毎月6~7万円の家賃収入が手に入ります。3戸のワンルームマンションがあれば20万円程度、公的年金の20万円とあわせれば40万円程度になるので
十分ゆとりのある生活を送ることができます。毎月安定して収入が入ってくるので、全額使い切ってしまってもいいのです。しかも、不動産が強いのは実需があるからです
人間が生きていくなかで欠かすことのできない『衣食住』のうち、唯一資産性があるものが『住』である不動産です。どれだけ不況が続いたとしても、
住む場所は欠かせません不動産には底堅い需要があるということです。これは他の金融商品にはない、マンション投資だけの特長です。

運営会社

屋号:アセットマネジメント /
設立:2016年9月 /
プライバシーポリシー